ECC 山口学園 GLOBAL

fmecc

マレーシアの幼稚園で 一人ひとりの成長に応じた教育を実践!

share!

海外に住むこどもたちにも日本文化に触れてほしい。マレーシアの幼稚園で副担任として奮闘している先輩のリアル・ボイスに迫ります。

Profile

幼稚園教諭
クアラルンプール日本人学校幼稚部
登佐 友奈さん
【高知県】高知高校出身
ECC国際外語専門学校
こども教育コース(2015年卒業)ECC 国際外語 こども教育コース

ECC 国際外語 こども教育コース
Interviewer

マレーシアの幼稚園、どんなお仕事?

現在、マレーシアの首都であるクアラルンプールで幼稚園の先生をされている登佐さん。職場でどんなふうに働いているのか教えてください。

登佐 友奈さん

全学級の補佐をする副担任として活躍!

職場はクアラルンプールにある日本人学校の幼稚園です。副担任として全学級の担任の先生の補助に入って、こどもたちの教育に携わっています。

Interviewer

ECC国際外語での学び、「ここがよかった」!

全学級となると、こどもの人数も多くて大変ですよね。そのなかで、学生時代に学んでいてよかったと思う部分や、もう少しやっておけばよかったと思うことはありますか?

登佐 友奈さん

幼児教育科目すべてが今、役立ってます!

全学級に関わるということは、こどもたちの発達段階もさまざまです。成長に応じた教育が求められるので、ECC国際外語で学んだ幼児教育科目は全部役立ってますね。あとは、教育実習のときに少しでも多くの教育現場を見たり、実際に仕事を経験することも大切だと思います。

Interviewer

教育実習の大切さってどんなところ?

やっぱり在学中から実際にこどもたちに触れたり、職場を体験することは大事ですか?ひとつの園だけでなく、いろいろ経験したほうがいいですか?

登佐 友奈さん

国内と海外の教育実習で実感した「環境の影響」。

そうですね。私は在学中に日本国内と海外、両方の教育実習に行きました。そのときに、子供の成長には環境が大きく影響することを実感し、そのときの経験が今の職場でも活かされてると思います。

Interviewer

海外の幼稚園だからこそ力を入れている取り組み。

国内と海外では環境が全然違ってきますもんね。今の幼稚園でのお仕事のなかで力を入れている取り組みなどはありますか?

登佐 友奈さん

日本文化に触れる機会をつくってあげたい。

マレーシアにいてもこどもたちには日本文化に触れる機会はできるだけ多く作ってあげたいと思っています。具体的には、園の行事で「ペープサート」という日本発祥の紙人形劇を披露したり、いろんな機会を設けています。

Interviewer

在校生・高校生の方に一言メッセージを。

これから、日本国内、海外でこどもたちの教育に関わりたいと考えている在学生や高校生の皆さんに向けて、一言メッセージをお願いします。

登佐 友奈さん

こどもたちと一緒に成長していける大人に。

こどもを教育していくことは、たくさんの努力や苦労があります。ですが、こどもたちの成長とともに、自分自身の成長にもつながっていることに喜びを感じます。こどもたちが持つエネルギーは偉大です。皆さんも一緒に成長できるよう、がんばってください!