ECC 山口学園 GLOBAL

fmecc

シドニー本店のディレクターとしてサロンの責任者に!

share!

オーストラリアで複数店舗展開するヘアサロンのシドニー本店でディレクター(責任者)として活躍する先輩のリアル・ボイスに迫ります。

Profile

美容師(ディレクター)
at the garden Tokyo 【 美容院 】
松浦 忍子さん
【大阪府】私立大阪成蹊女子高等学校出身
ECCアーティスト美容専門学校
美容科(2010年卒業)

ECC アーティスト美容 美容科 at the garden Tokyo
Interviewer

海外での仕事、生活はどうですか?

シドニーで展開しているヘアサロンの、シドニー本店でディレクターを務められています。海外での仕事はいかがですか?

松浦 忍子さん

毎日新しい発見があり、刺激的で楽しい日々。

楽しいです。毎日いろいろな人と出会えますし、人種によって髪質が違うという発見があったり、刺激的な日々を過ごしています。海が近いので、休日はビーチやカフェでのんびりしています。シドニーにはオシャレでかわいいカフェがたくさんあるんです。

Interviewer

海外で働くことの一番の喜びは?

もともと国内の有名店でキャリアを積まれてから今のサロンへ。ディレクターを務めながら、美容師としても活躍されていますが、どんなときにやりがいを感じますか?

松浦 忍子さん

お客さまからいただいた最高に嬉しい言葉。

シドニーに来てから、お客さまから「You are my best hairdresser!」と言っていただけたときは、これほど嬉しいお言葉はない!と感激しましたね。

Interviewer

ECCアーティスト美容の「ここがよかった」!

ディレクターという立場はリーダーシップ力や教育力なども求められると思います。今振り返って、ECCアーティスト美容での学びはどうでしたか?

松浦 忍子さん

今でも強みになっているしっかりとした基礎技術。

ECCアーティスト美容でヘアカット、カラーなど、実習を通して基礎の技術をしっかり習得できたことは、今の私の強みになっています。先生方も面白い方が多く、充実した学校生活でした。